「本質」で生きるマインドフルネス

真の自由とは、「本質」のあなたで生きること

水仙の思い出

庭に水仙が咲いている。

  

f:id:hamamon91:20200318154809j:plain

 

僕は水仙を見ると、隣に住んでいたばあちゃんを思い出す。

 

ばあちゃんといっても、血のつながりのある祖母ではなく隣人だ。

 

気が強く、世話焼きで、声が大きく、滑舌もはっきりしていて、まさに元気な人だったと記憶している。

 

母はよく「あの人はいい人なんやけどおせっかいやからなあ。」とこぼしていたが、僕にとっては優しいばあちゃんだった。

 

僕のこともよく気にかけてくれていて、朝、出勤する僕に隣の庭から声をかけてくれたりもした。

 

ちょうど6年前の今頃、僕は肝臓の一部を切除する大きな手術をした。

 

退院したとき、ばあちゃんは僕の体を気遣い、家に招いてコーヒーを振舞ってくれた。

 

そして、僕を元気づけるためだろうか、ばあちゃんの庭に植わっていた水仙を切って僕にくれた。

 

僕は水仙の匂いが苦手だったのだけど、そのときはばあちゃんの優しさが身に染みてうれしかった。

 

ばあちゃんは80歳を過ぎても変わらず元気だったので、この人はいくつまで生きるんだろうと思っていた。

 

しかし、その2年後、ばあちゃんは病で亡くなってしまった。

 

詳しい病名などは聞いていないけど、ばあちゃんは亡くなる数日前まで自分で雨戸を開け閉めしていた。

 

ご家族の話では、本人には病名や余命のことは伝えていなかったようだ。

 

でもばあちゃんは最期まで凛としていた。

 

亡くなった直後、仏様になったばあちゃんを拝みに行った。

 

当たり前なんだけど、あの元気なばあちゃんは、静かに眠っていた。

 

たしかばあちゃんが天に召されたのは、4年前のちょうど今ぐらいだったな。

 

水仙が咲くこの季節は、どこか切なく温かい。