本質で生きるマインドフルネス

努力に疲れたあなたに贈る逆説的・幸福論

この1冊からはじまった

生きづらかったころの自分。

それを解決しようと努力していた自分。

そして今の自分。

 

少し振り返ってみた。

 

ずいぶんと変容したなあとしみじみ感じる。

 

生きづらさを強く感じていた頃、自分のことが嫌いで嫌いで仕方がなかった。

 

こんな自分は自分ではない、早くこの状態を脱したいと自分を否定していた。

 

正直、よく生きてこれたなと思う(笑)

 

当時はそれ以外に方法を知らなかったのだ。

 

だが今は心から思う。

 

とりたて何をしなくても幸福が感じられるのは、その頃の自分がいたからなのだ。

 

なぜなら、生きづらさがあったからこそ、その苦しみから根本的に脱却したとき、安らぎを感じることができるのだ。

 

生きづらさを体験したから、安らぎを強く感じられる。

 

逆説的だけど、この物質世界はそういうところなのだ。

 

だから今は、まったくその頃の自分を責める気にならない。

 

もちろん今世に死ぬまでゴールは来ない。

 

人生万事、塞翁が馬。

 

だから今の自分もまた、ただそういう状態であるというだけ。

 

それはわかってはいるが、ちょっとぐらい浸ってもいいじゃないか(笑)

 

あらゆる世界とのゲート

 

僕にとって、この変容の大きなきっかけとなった1冊。

 

このブログでも何度かご紹介した。

 

「マインドフルネスのはじめ方」(ジョン・カバットジン 著、鈴木孝信 訳 金剛出版)

 

 

3,000円ほどのCD付きの瞑想教本。

 

書籍で3,000円というと、世間では高い部類なのかもしれない。

 

しかし僕にとっては、たった3,000円で人生を変えるほどの価値をもたらしてくれた1冊だ。

 

この本は、僕にとてつもない可能性を開かせてくれた。

 

内面と外の世界をつなぐゲート。

物質世界と精神世界をつなぐゲート。

ナルシシズムという自我の檻から抜け出すためのゲート。

 

あらゆる世界とのゲートだった。

 

本当にここから、僕の新たな旅ははじまった。

 

このゲートを通った僕は、僕と同じように自由な生き方を模索する同志たちと出会った。

 

そして自分自身と和解し、真の自分自身に出会うことができた。

 

僕の聖書(バイブル)

 

しかしこの本、僕にとっては絶大な効果を発揮してくれたが、誰にでもおすすめできるものだとは思わない。

 

amazonでの評価は芳しいものだとはいい難く、「翻訳に問題あり」というクチコミも見受けられる。

 

「クセがある本」と感じる方もいらっしゃることだろう。

 

僕はむしろ、この翻訳に禅の経典のような味わい深さを感じたのだが・・・

 

f:id:hamamon91:20210512230357j:plain

イラストも写真も図表もなく、文字情報のみ。

 

ひたすら瞑想の心得や適切な注意の払い方、自分の心との関わり方などが記されている。

 

なんて硬派な指南書だろうか(笑)

 

しかし、この書に引き込まれるのはその行間だ。

 

文字として文面に現れていない部分が、行間にぎっしりと詰まっている。

 

そんな印象を受ける。

 

僕はこの本を4回ほど熟読した。

 

今でも初心に立ち返りたいときは参照する。

 

当然のことながら、僕のブログはこの本の影響を多大に受けている。

 

これは僕にとっての聖書(バイブル)なのだ。

 

カバットジン先生、ありがとうございます。

 

hamamon91.hatenablog.com