本質で生きるマインドフルネス

努力に疲れたあなたに贈る逆説的・幸福論

疫病退散香【香りを楽しむ②】

さて、僕が瞑想のときに使っているお香たちを紹介する、全然ご好評いただいていないこのコーナー。

 

今回もやる気なく進めてまいりましょう。

 

よければお付き合いいただけると幸いです。

 

↓第1回レポートっす。

hamamon91.hatenablog.com

 

今回ご紹介するお香はコチラ!

 

奥野晴明堂「疫病退散香」です。

 

f:id:hamamon91:20211013231455j:plain

 

アマビエ様のパッケージですね!

 

イムリー感アリアリですね~。

 

どうぞ皆様がウイルスと棲み分けられますように。

 

f:id:hamamon91:20211013231527j:plain

 

このお香は白檀をベースに、漢方でも知られる陳皮が配合されているようです。

 

陳皮ってのはみかんの皮を乾燥させたものですね。

 

たしかに火を付けずに線香を嗅いでみても、柑橘っぽい爽やかな香りがあります。

 

では火をつけてみましょう。

 

線香を直接嗅ぐよりも、渋い香りを感じます。

 

どうやら火をつけると、白檀の香りが立つのかもしれません。

 

しかし白檀の渋い香りの中に、ほんのりとみかんの爽快さがあります。

 

シブ爽やかです。

 

どんな香りなんだろうと興味本位で入手しましたが、なかなかに味のある香りです。

 

スタンダードな香りとは言い難いかもしれませんが、強いクセがあるわけではないので飽きずに使えそうです。

 

ちなみにこの線香、かなり細身なので燃え尽きるのも早めです。

 

以上、「疫病退散香」のレポートでした。

 

 

さて、いかがだったでしょうか。

 

今後も我が愛しのお香たちを自己満レポートしていきたいと思います。

 

皆様の瞑想ライフが実り多きものでありますよう、お祈り申し上げます。

 

ではまた!

 

f:id:hamamon91:20211013231627j:plain

編集後記

 

今回記事の写真は、兵庫県神河町のカフェ「昔ごはんとおやつの時間 楽や」さんで撮影させていただきました。

 

ここは僕の憩いの場で、ちょくちょく寄らせていただいています。

 

こちらのケーキが優しい甘さで美味いんですよ~。

 

玄米菜食のヘルシーランチもございます。

 

お店の方々もとっても穏やかな雰囲気で、いつも癒されています。

 

ご興味あれば、あなたもぜひお立ち寄りください。

 

↓「昔ごはんとおやつの時間 楽や」フェイスブック

https://ja-jp.facebook.com/tanoshiya.kamikawa