本質で生きるマインドフルネス

努力に疲れたあなたに贈る逆説的・幸福論

サイコ日記・不信感ヲ観察スル

f:id:hamamon91:20211219192617j:plain

 

某月某日。

 

月が美しい夜だ。

 

心がひたすらにザワザワしている。

 

「信じてたまるか」と言っている。

 

思考の渦に取り込まれる。

 

しかし、これを観察している僕は、「ああ、巻き込まれているな」と自覚している。

 

「いやはや、すごい渦だ」

 

思考の渦と表現したものの、もはや言語や映像という形をとっていない。

 

何かネバネバ・モヤモヤした液体とも気体ともつかない覆いとなって、心におっかぶさっている。

 

というよりも、思考なのか感情なのかもよくわからない。

 

おそらく両方だろう。

 

なんという気持ち悪さだろうか。

 

目が回りそうだ。

 

不快で不快でたまらない。

 

しかし、僕はこの不快さを払おうとはしない。

 

そんな試みが徒労どころか逆効果であることは、この三十年ほどで吐き気がするほど味わい尽くしているからだ。

 

「信じてたまるか、と君は言うが・・・」

 

「いったい何を信じないのか?」

 

いちおう、この渦の主に聞いてみる。

 

渦に巻かれたまま不快さに逆らわず、ぼんやりと観察する。

 

答えを求めずに。

 

すると主が答える。

 

言葉ではなく、流動体の感触をもって。

 

「何が信じられないかって?」

 

「そんなこと、聞くまでもなくわかっているだろう」

 

「自分自身をだ」

 

なるほど、たしかに聞くまでもなかったな。

 

この不信感、見かけは他者に対してのものという形式を取ってはいる。

 

が、他者不信とは、突き詰めれば自己不信だ。

 

そして、僕はこの不信感もそのままにしておく。

 

「自信を持て」

 

このような陳腐な励ましが役に立たないこともまた、じゅうぶんに経験済みなのだから。

 

そして、この不信感の存在さえも許すことが、本物の自信につながることも理解している。

 

僕はただそこにとどまり続ける。

 

不快さのなかを。

 

何も変えようとせずに。

 

そして僕は、ふたたびこの渦の主に優しく語りかける。

 

大丈夫。

 

僕は君を信じている。

 

今は存分に吐き出していいよ。

 

この渦はいずれ弱まることも僕は知っているんだ。

 

そのときは、何か楽しいことでもしようか。