本質で生きるマインドフルネス

努力に疲れたあなたに贈る逆説的・幸福論

瞑想の偉大な成果物 ~真の自分自身として生きる~

f:id:hamamon91:20220102225339j:plain

 

坐るだけが瞑想ではありません。

 

生活そのものが瞑想の場です。

 

普段の生活において、できるかぎり自分自身の内面の動きに気づいていること。

 

そして、できるかぎりそれにのめり込まないこと。

 

実はそれこそが、最も有意義な実践であると僕は実感しています。

 

坐って行う瞑想は、日常生活でそのような注意を払うための練習です。

 

これらを忍耐づよく続けることで、僕たちは次第に自分自身への理解を深めることでしょう。

 

自己理解が深まるとき、

 

僕たちは他者や世界をも理解することでしょう。

 

ひいてはそれは、宇宙への理解や真理へとつながることでしょう。

 

とはいえ、瞑想に過度な期待はしないのがよいでしょう。

 

神秘的な気分に溺れるために、やるようなものではないのです。

 

ましてや、「俺は瞑想をやってこんなに超越的な人間になったのだ」と誇るためにやるようなものではありません。

 

もちろんそうしたければそうしてもいいのですが、

 

少なくとも僕は、それはおすすめしません。

 

むしろ、自分のなかにある醜い部分。

 

本当はそれは醜くなどないのですが、

 

あなたの思考がそのように評価を下していた部分。

 

それも自分の一面なのだと許し、受け入れ、それとともに生きていくこと。

 

つまり、真の自分自身として生きること。

 

瞑想がもたらす偉大な成果物は、それなのだと僕は信じてやみません。

 

hamamon91.hatenablog.com