本質で生きるマインドフルネス

努力に疲れたあなたに贈る逆説的・幸福論

線香にみる永遠

 

一本の線香に火をつける

 

ただ線香を焚くために

 

線香の先端が橙色に光る

 

さっきまでそれは、茶色い棒状の物体だったのに

 

炎と融合し、化学変化を起こしているようだ

 

そこから発する煙は、その産物なのだろう

 

この茶色の棒は、燃焼することで分解・気化し、大気のなかへ溶け込んでいく

 

そしてこの部屋を心地のいい香りで包む

 

役目を終えたこの棒は、生気を失い灰と化す

 

そしてまた大地へと帰っていく

 

その大地は新たな生命を育んでいく

 

すべては生じ滅びながら循環していく

 

個で見れば、永遠なものなど何もない

 

いかなる形あるものも、滅びを逃れることはできない

 

しかし、全体で見れば永遠だ

 

個の生命が循環を生み、循環が永遠を創造する

 

たった一本の線香が、そのことを教えてくれる

 

個のなかに、全体がある

 

個は全体であり、全体は個なのだ