本質で生きるマインドフルネス

そのままでいい ~誰のためにもない空虚な詩~

ただ気づき続ける


ただ気づき続ける。

 

何かをやろうとせず、

 

何かを起こそうとせず、

 

何かを振りほどこうとせず、

 

ただ気づき続ける。

 

呼吸に、

 

身体に、

 

心に、

 

ただ自分の内面に起こることに、気づき続ける。

 

何も目指そうとせず、

 

何も掴み取ろうとせず、

 

何も探そうとせず、

 

何も変えようとせず、

 

何も選ぼうとせず、

 

何も決めようとせず、

 

何も求めず、

 

ただ気づき続ける。

 

忍耐づよく、繰り返し繰り返し、気づき続ける。

 

寝ても覚めても気づき続ける。

 

24時間、気づき続ける。

 

生きているうちは、気づき続ける。

 

注意がそれてもかまわない。

 

それも含めて、気づき続ける。

 

何かに気づかなかったとしてもかまわない。

 

気づこうとせず、気づき続ける。

 

何も気づかなかったとしてもかまわない。

 

こうあるべきことを持たず、ただ気づき続ける。

 

できるかぎりで気づき続ける。

 

すると僕たちは、気づく。

 

いつのまにか、自分が望む場所に居ることに。

 

そこに行こうともがいていたときは、決してたどり着けなかったのに。

 

いや。

 

ここは、以前求めていた場所とは、また異質のところかもしれない。

 

だけど、たぶん前から本当に行きたかったのは、ここなのだろう。

 

そしてそれは、ここではないどこかではない。

 

たどり着いたのでもない。

 

前から居たのだった。

 

まさにここだった。

 

何だろう。

 

不思議だ。

 

ここはユートピアなんかではない。

 

まるでキラキラしていない。

 

でも、とても自然で穏やかだ。

 

無垢な安らぎだ。

 

そう。

 

気づき続けることで、僕たちは気づく。

 

僕たちには・・・

 

するべきことも、

 

起こらなければならないことも、

 

起こってはならないことも、

 

行くべきところも、

 

なるべき姿も、

 

実はそのようなものは、何もなかったのだ。

 

ただそれがあるというだけ。

 

そしてそれが美しい。

 

この理解は、幻を浮き彫りにする。

 

今ここ以外は、すべて幻。

 

幻を幻と理解することで、今ここが立ち現れる。

 

今ここは、それそのもの。

 

それそのものには、純粋な美しさがある。

 

追いかけるものもまた、幻。

 

今ここにないものを追いかけ回す心は、それそのものの美しさを取り逃がす。

 

それそのものの美しさは、追いかけることをやめた者のところに訪れる。

 

気づき続けること。

 

それは、幻からの解放。