本質で生きるマインドフルネス

瞑想と日々の暮らし

花はただ咲いている

 

美しい花が咲いている。

 

ただ咲いている。

 

そこには何の気負いも感じられない。

 

「私が美しさで皆を喜ばせるのだ」などと強調している気配もない。

 

「私が咲き誇ることで、地球の皆を笑顔にするのだ」などと主張しているふうでもない。

 

ただ咲いている。

 

そしてただ美しい。

 

私には花の真意はわからない。

 

だけどたぶん、この花は誰かのために咲いているわけではない。

 

きっとそこには意図もない。

 

意識的な努力もない。

 

本当に、ただ咲いている。

 

そこにミツバチがやってくる。

 

花の蜜を吸って飛び去る。

 

そのとき花は、たぶん何も求めていない。

 

「この美しい私のために受粉させなさい」などと要求している様子は見られない。

 

ことさらにミツバチをもてなし、見返りを得ようというはからいも見られない。

 

ただ咲いている。

 

そしてその美しさと蜜の味に魅せられたミツバチが、受粉の手伝いをしている。

 

その恩恵により、花は次代へ命をつなぐ。

 

おそらくそこにも意図はない。

 

ただ花が咲いた結果、そうなったというだけ。

 

ただミツバチが魅せられた結果、そうなったというだけ。

 

これはひとつの自然の流れ。

 

そこには強引さがない。

 

ぎこちなさもない。

 

生きるということに対して、余計な味付けがなされていない。

 

だからこそ美しい。

 

花はただ咲いている。

 

きっとそこには意図はない。

 

意識的な努力もない。

 

それゆえに、周囲は花に魅せられる。

 

そして、花は自らに見合ったものを受け取る。

 

その循環は、完璧な調和とともに流転する。

 

だからこそ美しい。

 

hamamon91.hatenablog.com