本質で生きるマインドフルネス

そのままでいい ~誰のためにもない空虚な詩~

奮い立たせない

 

私は自分の心を奮い立たせない。

 

いかなるときも。

 

私の心はしばしば、恐怖にまみれている。

 

特に何もなくても。

 

それでも私は、奮い立たせない。

 

自分の心を鼓舞したりはしない。

 

恐怖を払いのけようともしない。

 

ただ恐怖のなかにある。

 

それは本当に恐ろしいこと。

 

不安で不安でたまらない。

 

手も足も出ないときもある。

 

恐怖に明確な理由などないときもある。

 

いや、ほとんどがそうであるかもしれない。

 

それでも私は、奮い立たせない。

 

ただ恐怖のなかにあるということに気づいている。

 

そして恐怖のなかにありながら、ただそこにとどまる。

 

まるで何が起こるかわからない暗闇のなかを、震えながらうずくまっているかのように。

 

すると、私の気分などおかまいなしに、私たちの暮らしは流れていく。

 

いつのまにか日暮れの時間が近づいていることに気づく。

 

生きるためには、最低限度やることがある。

 

だが恐怖で動きたくない。

 

それでも私は、奮い立たせない。

 

どうしてもやることがあるときは、いやいやながらも恐る恐る行為する。

 

まるでほふく前進をするように、一歩一歩。

 

恐怖を存分に味わいながら。

 

一つひとつの行為に時間がかかるので、へとへとに疲れ切る。

 

それでも私は、奮い立たせない。

 

そして、多くを求めない。

 

難なくできる人とも比べない。

 

というより、求める気も比べる気も起こらない。

 

求めても比べても、何の足しにもならないということを、

 

これまでの人生で完全に理解しているから。

 

もちろん自分自身の非力を嘆いてもいいのだが・・・

 

そのような気も起こらない。

 

嘆いたところで、今自分にできることしかできないのだから。

 

だから私は、奮い立たせない。

 

今の私にできることだけを行う。

 

なぜそうまでして奮い立たせないのか。

 

それは、奮い立たせるということが、自らとの戦いであることを熟知しているから。

 

すると思考は、私に尋ねる。

 

自らとの戦いは、そんなにいけないことなのか、と。

 

もちろんそんなことはない。

 

究極的には私たちの行うことに、いけないことなどないのかもしれない。

 

自らとの戦いにもまた、得られるものはあるのかもしれない。

 

その戦いに勝つことで、一時的には何かを掴み取るかもしれない。

 

だから戦いたいなら、存分に戦うといいだろう。

 

しかし私は、それを望まない。

 

自らとの戦いもまた、戦いの域を出ない。

 

戦いである以上、

 

相手が他者であれ、自分であれ、

 

結果が勝利であれ、敗北であれ、引き分けであれ、

 

結局は自分や周囲を害する。

 

人生を全体として観るならば・・・

 

どんなに美しく感じられる大義名分があったとしても、

 

戦いというものは総じて自他にマイナスをもたらす。

 

そして自分が戦いを降りないかぎり、

 

戦いは続く。

 

それが戦いの本質。

 

だから私は、奮い立たせない。

 

様々な局面で奮い立たせないとき、私たちは気づく。

 

私たちにとって本当に必要なことは、奮い立たせなくても遂行できるのだということを。

 

むしろ奮い立たせないことで、私たちは調和的にものごとをとり行えるのだということを。

 

そして、奮い立たせずに行うことで、本当に不要になった恐怖は、おのずと消えていくのだということを。

 

だから私は、奮い立たせない。

 

今日も明日も、奮い立たせない。

 

そして私は坐る。

 

誰も、何も奮い立たせずに。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

 

自己受容 ~あるがままの自分を容認する~

あるがままの自分で生きるにあたって、自己受容は必要な姿勢です。

 

では、自己受容とは何でしょうか。

 

どうか言葉の意味を解釈しようとせず、ただ聴いていただければ幸いです。

 

言葉の意味は、わからなくてよいのです。

 

言葉が指し示す先にある、それそのものの体感こそが、本当に大切なことです。

 

 

何であれ、今の自分はそれでいい

 

自己受容とは、自己否定ではないことの全般を指します。

 

少なくとも私は、そのように理解しています。

 

昨今、自己肯定感という言葉が重要視されているかと思います。

 

自己受容とは、これと同じものでしょうか。

 

観も蓋もない言い方で恐縮ですが・・・

 

私には何とも言えません。

 

というのも、自己肯定感という言葉がどのように使われているのか。

 

それが人や場面によって違うと感じるからです。

 

もし自己肯定感という言葉が、自分を好きになろうと努力することを指すのなら、

 

私が述べる自己受容とは、大きく異なります。

 

自己受容とは、今そのままの自分をできるかぎりで許容する態度です。

 

誤解を恐れずに言うなら、自己受容においては、自分を好きである必要はないのです。

 

自分が好きでないのなら、そんな自分さえも容認すること。

 

それが自己受容です。

 

ざっくりと体感を言葉にするなら、

 

「何であれ、今の自分はそれでいいのだ」という感じです。

 

この「それでいい」は、goodではなくOKです。

 

そのOKも、消極的なものでかまいません。

 

「今はまあそれでしょうがないかな」

 

そのぐらいのニュアンスでじゅうぶんなのです。

 

今の自分に不本意さがあってもいいのです。

 

それも含めて「それでいい」のです。

 

積極的な肯定は不要

 

さて、決して批判したいわけではないのですが・・・

 

自己肯定感について、ひとつ注意を述べさせていただきます。

 

というのも、自己肯定感という言葉にとらわれて、かえって苦しくなるケースをよく見聞きしますので。

 

「自己肯定」という言葉は、大きな逆説をはらんでいると私には感じます。

 

肯定という言葉に、積極的な意味合いが見受けられるからです。

 

積極的なのはいいことじゃないか。

 

あなたはそう思われたかもしれません。

 

もちろん私は、積極的であることのそれ自体が悪いのだなどと言うつもりはありません。

 

しかし自己受容においては、積極的に肯定しようとする姿勢は、有害ですらありえるのです。

 

なぜなら肯定とは、否定と背中合わせだからです。

 

もし自らを積極的に肯定しようとするとき、

 

そして、それがかなわないとき、

 

私たちの内面にどのようなことが起こるでしょうか。

 

自らを肯定できないとき、そんな自分を否定してしまうのではないでしょうか。

 

自分を好きになれないとき、そんな自分を否定してしまうのではないでしょうか。

 

自責の念にかられるとき、そんな自分を否定してしまうのではないでしょうか。

 

しかし、自己受容においては、そんな自分も「それでいい」のです。

 

自分を肯定できない自分であっても、「それでいい」のです。

 

自分のことが嫌いな自分であっても、「それでいい」のです。

 

自分を責める自分であっても、「それでいい」のです。

 

それでいいと感じられなくても、「それでいい」のです。

 

というより、それで仕方がないのです。

 

とても残念なことだと思いますが・・・

 

どんなに私たちが「そうであってはならない」と抵抗しようと、

 

「今そうであること」は変わらぬ事実なのですから。

 

もちろん、納得なんてしなくていいのです。

 

納得できない自分でも、「それでいい」のです。

 

たとえ納得できなくても、それで仕方がないのだとさえ理解していれば、それで足りるのです。

 

このように肯定も否定もしない、きわめて中立的で受動的な心持ち。

 

これが自己受容なのです。

 

自己受容は変容をもたらす

 

そして・・・

 

今は信じられないかもしれませんし、信じなくていいのですが・・・

 

自己受容は必ずや私たちに、健全な変容をもたらすことでしょう。

 

なぜなら変容とは、あるがままを認めてはじめて、適切に起こりえるものだからです。

 

そしてそれは、私たちそれぞれに適した時期に、それぞれに見合った形で現れることでしょう。

 

だから何であれ、今のあなたはそれでいいのです。

 

ただ今のあなたをそのまま気づき続けることです。

 

大丈夫。

 

意地悪くても、

 

欲深くても、

 

怒りに満ちていても、

 

恐怖にまみれていても、

 

不安でたまらなくても、

 

私たちはそのままでいいのです。

 

そのままの自分を認め続けることで、

 

私たちは全体にとって望ましい方向に変容していくのです。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

戯言・うつとともにある

 

私事ですが・・・

 

つい先日より、うつのため休職中です。

 

20年ほど社会人をやっていますが、うつによる休職は何度目かわかりません。

 

今、私の心は職場の皆さんに申し訳ないという罪悪感と、

 

のんびり過ごせるのがうれしいという素直な気持ちの間で揺れ動いています。

 

以前はこのようにしばしばうつになることが、悔しくて悔しくて仕方がありませんでした。

 

何だか社会人として、いや、人間として自分は欠陥があるのではないかと、強く思っていたからです。

 

だから何とかうつにならないようにしようと、もがいていました。

 

しかし、うつになりにくい気質の人たちと自分を比較したところで、虚しいだけです。

 

私の場合、気をつけていても、うつになるときはなるようです。

 

どんなに予防をしても、私は何年かに一度、うつで寝込む運命のようです。

 

だからもう、うつによけいな抵抗をするのはやめました。

 

以前は自分に合った職に就けば、うつにはならないのではないかと考えていたこともありましたが、

 

どうやら私の場合、そういう問題ではないようです。

 

ここまで何度もうつにり患し、そんな自分を観察し続けたのでよくわかります。

 

おそらく私は、職業や勤務形態をどのように変えたとしても、うつを避けることはできないでしょう。

 

賃金労働を行う以上、私はうつとともにあるのでしょう。

 

どうにもならないのなら、受け入れるのがいい。

 

なので今は、うつをどうにかしようなどともくろんでいません。

 

うつから抜け出そうとも思っていません。

 

私が何かを起こそうとせずとも、時が来れば自然が治癒してくれるでしょう。

 

そして、全体として必要なときは、私はまたうつになるでしょう。

 

だから、罪悪感と安楽のはざまで揺れながら、ただ流れに身を任せるのみです。

 

今、私にできることはそれだけです。

 

以前強く抱いていた、このようにしばしばうつになる自分には、人間的な欠陥があるのではないかという想い。

 

正直に言うと、今もその想いは多少は湧いてきます。

 

でも、そんな想いに真摯に取り合う気は、今はありません。

 

私に欠陥があるのかどうか。

 

そのようなことに私が思索を巡らしたところで、百害こそあれ一理もないことを理解しましたので。

 

私がどんなに考えたところで、そこに正解などないことがよくわかりましたので。

 

何より、欠陥があったとして、一体それがどうだというのでしょうか。

 

努力をして欠陥がなくせるのなら、

 

そして、欠陥をなくすことでうつが根絶できるのなら、

 

遠の昔に私はうつではなくなっているはずです。

 

しかし、そうなっていないのは、まぎれもない事実。

 

だから本意であろうと不本意であろうと、私はこのままの自分で生きていくだけです。

 

ときおりうつになりながら、今できることをやるだけです。

 

できることをやったら、後の処遇は大自然にお任せするのみです。

 

ところでうつにもまた、すばらしい側面があります。

 

診断書という錦の御旗のもと、職責を離れてマイペースに養生することができるのですから。

 

今の私には、本当に心地のいい時間です。

 

だから私は、できるかぎりでうつを敵視しないでしょう。

 

心身が許すかぎり、うつの不快さのなかに浸るでしょう。

 

そんなわけで、今日も私は坐ります。

 

うつとともに。

 

p.s.

こういう陳腐なことを言うのは、感謝の押し売りのようで嫌ですが・・・

 

どうしてもここで、この事実を認めないとフェアではないと感じるので、あえて記します。

 

こうして私が休めるのは、その間に同僚たちが私の担当業務を分担してやってくれているおかげでもあります。

 

職場の皆さんには、この場を借りてお礼申し上げます。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

堺 de お香な旅


堺市を旅しました。

 

中世に豪商たちの自治都市として栄えたと言われる、大阪のあの堺です。

 

私は関西の西の方に住んでいるのですが、同じ関西でありながら、堺にはあまりなじみがないのです。

 

まともに滞在するのは今回が初めてかもしれません。

 

堺には老舗お香メーカーがいくつか拠点を置いていると聞きます。

 

そこで一度足を運び、お香屋さんを訪問してみたいと思っていたのです。

 

自宅から列車を乗り継いで約2時間。

 

 

南海本線堺駅に到着です。

 

奥野晴明堂

 

前から行ってみたかったお香屋さんのひとつに、「奥野晴明堂」があります。

 

ここは以前、このブログで紹介した「疫病退散香」を製造しているメーカーです。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

 

店舗は「堺山之口商店街」のなかにあります。

 

 

思った以上にコンパクトな店構えです。

 

入口付近の棚にお香たちが並んでいます。

 

奥から女性の社員さんが出てきて、接客してくれました。

 

実際にお香を嗅がせていただき・・・

 

「極品 薫翠」と「疫病退散香」を購入しました。

 

 

「極品 薫翠」は奥野晴明堂のフラッグシップモデル的存在みたいですね。

 

「疫病退散香」は上部に過去記事のリンクを貼っていますが・・・

 

以前にこの香を聞いたとき、かすかな陳皮の爽やかさがなかなかに心地よかったので、リピート購入です。

 

実店舗に足を運んだ人への特典なのか、2割引の価格でした。

 

ありがたいですね。

 

お香の感想は、またの機会にさせていただきたいと思います。

 

奥野晴明堂ウェブサイト

https://www.jinkyu1716.com/japanese/

 

線香組合(仮称)

 

奥野晴明堂の社員さんの話によると、この商店街の数軒先に、「線香組合」なるもののお店があるのだとか。

 

堺のお香が一同に会しているとのこと。

 

では、行ってみたいと思います。

 

 

お店には看板らしい看板はありません。

 

インターネット上にも、正式名称が明確に出ている情報を見つけられませんでした。

 

店内には、数多くの線香が陳列されています。

 

取り扱っているメーカーも多様です。

 

どうやら本当に、堺のお香がひととおり揃っているようです。

 

ここでは薫明堂の「零陵香」と「昇龍香」を購入しました。

 

 

「零陵香」は福井県永平寺でもおなじみのお香ですね。

 

スパイシーな香りが特徴。

 

「昇龍香」は、店舗で嗅がせていただいてピンときたものです。

 

多数のお香のなかから購入するものを厳選する際、なかなか一つひとつを聞いている時間はありません。

 

そんなとき、私は箱の雰囲気で目星をつけて、いくつかピックアップします。

 

後は実際にそれらを嗅いで、直感で購入するかどうかを決めます。

 

箱のデザインはある程度香りの雰囲気がイメージされているものが多いので、案外参考になると感じています。

 

ここでも2割引の価格で提供いただきました。

 

存分にお香に触れ、満足の旅でした。

 

薫明堂ウェブサイト

http://www.kunmeido.jp/

 

おまけ・旧堺燈台で日は暮れて

 

ちょうど夕暮れどき、旧堺燈台の側を通りました。

 

旧堺燈台は日本最古の木造洋式灯台と言われ、国指定史跡に認定されています。

 

 

夕日に色づく景色が心を打ちました。

 

上空へ向かうたび、橙から青へと推移していく空のグラデーションが美しかったです。

 

 

幸福を探求しない

 

私たちは皆、幸福を求めている。

 

そして、そうなるための戦いに明け暮れてきた。

 

「幸福がないから、不幸である。」

 

私たちはそのように考える。

 

そしてどこかに探しに行く。

 

これはまっとうな理屈であろう。

 

しかし、本当のことであろうか。

 

何か外的に幸福な要素を足すことで、私たちは幸福になるのだろうか。

 

もしそうなのだとしたら、何を得たらいいのだろうか。

 

食うに困らぬ生活水準でありながら、これ以上何を獲得するというのだろうか。

 

総体的にじゅうぶんすぎるほど知的でありながら、まだ知識の習得が足りないというのだろうか。

 

これだけの科学技術がありながら、もっと技術革新が必要だというのだろうか。

 

私たちは、どれほど便利な生活様式を形成すれば気が済むのだろうか。

 

私たちは、どこまで優秀な人間にならなくてはならないのだろうか。

 

私たちは、どれだけ高尚な人間を目指さなくてはならないのだろうか。

 

一体どこまで行けば満足するのだろうか。

 

そして私たちは、わからなくなる。

 

だからただ坐る。

 

ひたすらに気づき続ける。

 

すると、この何もしない時間のなかから、ひとつの理解が浮かび上がる。

 

きっと、幸福がないから不幸なのではない。

 

幸福を探し求めるから不幸なのだ、と。

 

幸福になることをあきらめたとき、

 

幸福を探求することをやめたとき、

 

今ここに幸福が浮かび上がる。

 

この真意を完全に理解したとき、私たちは幸福である。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

花はただ咲いている

 

美しい花が咲いている。

 

ただ咲いている。

 

そこには何の気負いも感じられない。

 

「私が美しさで皆を喜ばせるのだ」などと強調している気配もない。

 

「私が咲き誇ることで、地球の皆を笑顔にするのだ」などと主張しているふうでもない。

 

ただ咲いている。

 

そしてただ美しい。

 

私には花の真意はわからない。

 

だけどたぶん、この花は誰かのために咲いているわけではない。

 

きっとそこには意図もない。

 

意識的な努力もない。

 

本当に、ただ咲いている。

 

そこにミツバチがやってくる。

 

花の蜜を吸って飛び去る。

 

そのとき花は、たぶん何も求めていない。

 

「この美しい私のために受粉させなさい」などと要求している様子は見られない。

 

ことさらにミツバチをもてなし、見返りを得ようというはからいも見られない。

 

ただ咲いている。

 

そしてその美しさと蜜の味に魅せられたミツバチが、受粉の手伝いをしている。

 

その恩恵により、花は次代へ命をつなぐ。

 

おそらくそこにも意図はない。

 

ただ花が咲いた結果、そうなったというだけ。

 

ただミツバチが魅せられた結果、そうなったというだけ。

 

これはひとつの自然の流れ。

 

そこには強引さがない。

 

ぎこちなさもない。

 

生きるということに対して、余計な味付けがなされていない。

 

だからこそ美しい。

 

花はただ咲いている。

 

きっとそこには意図はない。

 

意識的な努力もない。

 

それゆえに、周囲は花に魅せられる。

 

そして、花は自らに見合ったものを受け取る。

 

その循環は、完璧な調和とともに流転する。

 

だからこそ美しい。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

誰も救わない

 

私には、何も・誰も救う力などありません。

 

どうぞ買いかぶらないようにお願いしたいのです。

 

そもそも本当の意味において、誰かが誰かを救うことなどできるのでしょうか。

 

救済とは、自らが気づくことでしか起こらないのではないでしょうか。

 

あるがままの自分を理解したとき、

 

そして、自分に起こることを自分が負うと覚悟したときに、

 

自分自身の内に、真の救済が起こるのではないでしょうか。

 

真の救済とは、誰かが他者のためにできることではないのではないでしょうか。

 

だから他者に救済を求めるというのは、本来無理なことを他者に要求しているということではないでしょうか。

 

私自身が醜く愚かな心であるのに、

 

私自身が自分のことも理解できていないのに、

 

私自身が自らに起こることを自分で負いきれないというのに、

 

なぜ私に他者を救うことができるでしょうか。

 

だから私は、誰も救いません。

 

救うという言葉を使うこと自体、私はおこがましいと感じます。

 

「私は救う」

 

このように宣言したとき、私たちに何か得意げな気持ちがムラムラと湧いてきてはいないでしょうか。

 

そう。

 

救うという言葉は大なり小なり、救われる対象を下に見ているのではないでしょうか。

 

少なくとも私は、この言葉を多用する思考からは、その意図を感じます。

 

きっと今苦境にある人は、私などが手を下そうとしなくても、適切な時期に自らを救済するでしょう。

 

だから私には、誰かを救うためにできることなど何もないのです。

 

もし私にとてつもない理解力があり、

 

あるがままの自分を完璧に理解していたとして、

 

また、自らに起こることを完全に受け入れていたとしても、

 

私は誰も救おうとはしません。

 

なぜなら、「救おう」と努力した時点で、

 

それは救済ゲームと化すからです。

 

そのゲームにのめり込んだとき、

 

そして誰かを救済できなかったとき、

 

きっと私たちは、誰かを救済できなかった自分や他者を責めることとなるでしょう。

 

それは地獄です。

 

もうそういったゲームにも加担する気はないので、

 

私は誰も救いません。

 

だから私は、今日も坐ります。

 

誰も救おうとせずに。

 

そして坐ることで、私は少しだけ自己理解を深めるのです。

 

そのとき私の存在は、取り立てて人の役には立ちませんが、人畜無害です。

 

どうやらそれにより私の存在は、多少は他者の癒しになっているようです。

 

まあそれでじゅうぶんなのではないでしょうか。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

p.s.

これは精神的な救済のことを述べたものです。

 

もちろん今目の前に、実際に倒れている人や転んで痛がっている人など、

 

物理的に苦しんでいることが明白な人がいるなら、

 

自分にできることで、できるかぎりの応援はするでしょう。

 

それでもやはり、「救う」という言葉は使いたくはありません。