本質で生きるマインドフルネス

努力に疲れたあなたに贈る逆説的・幸福論

瞑想録・身体に意識を置くということ

 

身体にそっと意識を置く。

 

何も感じようとせず、ただ置いてみる。

 

どこか特定の部位にではなく、全体的にぼんやりと。

 

すると、なんとなく身体の感覚が現れる。

 

たいした感動はなく、かすかに身体を感じる程度だった。

 

すっきりするわけでもない。

 

相変わらず僕の心はさまよい続けているし、依然として原因不明の倦怠感や焦燥感もある。

 

「まあこんなものか」

 

不思議だ。

 

いつもならこのままがっかりしてやめていたかもしれない。

 

それでもこれを続けている自分がいた。

 

僕はこの何の役に立つのかもよくわからない作業を、特に効果を期待することもなく、とりあえず毎日行っていた。

 

この先には何かがあるかもしれない。

 

そう感じさせるものが、たしかに瞑想にはあったからだ。

 

はじめはかすかだった身体の感覚は、日を重ねるごとに少しずつ明確さを増していった。

 

感じようとしないことで、身体を感じることができる。

 

快・不快にかかわらず、たくさんの感覚が浮かび、そして消えていく。

 

「そうか、普段は無視していたが、身体には無数の感覚があるんだ」

 

そのことに気づいていった。

 

これを始めてどれぐらい経ったころだろう。

 

たしか数か月だったか。

 

自分の意識に驚くことが起こった。

 

存在への気づきである。

 

自分の内面には、いまだに荒れ狂う思考や渦巻く感情がある。

 

それはたいして変わらない。

 

しかし、心が乱れていたとしても、自分の身体は今ここに、たしかにあり続けている。

 

今気づいたが、ずっと前からそうだった。

 

いや。

 

生まれたときからずっとそうだったんだ。

 

この身体は常に、僕とともにあった。

 

そして、ただ身体に意識を置くことで、内面を飛び交うこの不快な思考を超えて、自分の存在とつながることができる。

 

存在。

 

それは思考や感情に汚されていないもの。

 

いわばそれらを超越したもの。

 

そして、たしかにここにあるもの。

 

そのことを思考をとおしてではなく、感じ方によって理解したのだった。

 

この気づきは僕に変容をもたらした。

 

それまでは、いわゆる自分の否定的な思考パターンを変えさせなければならないと、自分の思考と戦っていた。

 

そして、その格闘に心底うんざりしていた。

 

僕の敵意は、知ったふうなアドバイスをするカウンセラーやセラピストだけでなく、これみよがしに前向きな言葉を使いたがる人々にも向けられた。

 

なぜなら、そうした人たちが自分をこの果てしなく不毛な戦いに駆り立てているように感じていたからだ。

 

そして、そのように恨みがましい自分の心も受け入れられないでいた。

 

しかし、もうその必要はないんだ。

 

心を変えようとしなくても、ただ注意を向けるだけで、思考を超える存在に触れることができるんだから。

 

そしてそれは、いつでもどこでも可能なのだから。

 

瞑想は魔法ではない。

 

目に見えた即効性など、もちろんない。

 

しかし僕は、このシンプルで奥が深い営みを続けることで、自分の心と戦うことなく、憎しみに満ちた精神から解放されていった。

 

だから僕は、今日も身体に意識を置く。

 

日々の暮らしのなかだけでなく、旅行中も、いつでもどこでも。

 

意識を置くこと。

 

それは気にかけるということ。

 

気にかけることは、愛にほかならない。

 

身体に意識を置くということは、このうえない身体への愛である。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

瞑想と集中

 

ただそっと意識を置く


瞑想において、あなたは集中しようとしなくていいのです。

 

呼吸などの対象に注意を縛り付ける必要はありませんし、そこから注意を離すまいと意識する必要もありません。

 

おそらくそうした方法は、強い苦痛を生むのではないでしょうか。

 

無理な方法は、やはり望ましい結果をもたらさないものです。

 

ただそっと意識を置いてみましょう。

 

そして注意がそれたら、ただ注意がそれたという事実にのみ気づきましょう。

 

それでじゅうぶんです。

 

注意がそれたことを責める必要もなければ、なぜそれたのかと原因を考える必要もありません。

 

「注意がそれた」と心でアナウンスする必要もありません。

 

そして、注意が対象から外れたと気づいたときも、その後すぐに注意を対象に戻せなくてかまいません。

 

注意が外れたと気づくだけでいいのです。

 

注意散漫でいい

 

しかし、本当にそれでいいのかと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

それでは俺は、この先も注意散漫なままではないかという疑問が湧いたかもしれません。

 

それは無理もないことです。

 

「注意散漫であってはならない」

 

現代において、注意散漫という状態は著しく毛嫌いされているからです。

 

もし、注意が頻繁にさまようことを注意散漫と呼ぶのなら、あなたは注意散漫でかまいません。

 

なぜならそれが精神の自然な姿だからです。

 

あなたも僕も、その意味においてはみんな注意散漫です。

 

あなたから見てどんなに注意深く見える人も、です。

 

注意深さとはただ気づいていること

 

忍耐強く瞑想を繰り返せば、あなたも理解されるでしょう。

 

注意が外れたと気づいた時点で、おのずと注意は対象へと戻ることに。

 

これが自然な注意なのです。

 

強く鋭い注意を特定の対象に注ぐことが、注意深さなのではありません。

 

ただ気づいていること。

 

それが真の注意深さなのです。

 

実は注意散漫であると気づいた時点で、既にあなたは注意散漫ではないのです。

 

そして、注意散漫であることを認めることで、あなたは集中へといざなわれるのです。

 

あなたはもうおわかりかもしれません。

 

注意が外れること、それ自体が問題なのではありません。

 

注意が外れていることに自覚がないことが、本当の意味の注意散漫なのです。

 

さあ、集中しようとせず、ただそっと意識を置いてみましょう。

 

そして、自分の注意がどこに向いているのかに気づいていましょう。

 

線香にみる永遠

 

一本の線香に火をつける

 

ただ線香を焚くために

 

線香の先端が橙色に光る

 

さっきまでそれは、茶色い棒状の物体だったのに

 

炎と融合し、化学変化を起こしているようだ

 

そこから発する煙は、その産物なのだろう

 

この茶色の棒は、燃焼することで分解・気化し、大気のなかへ溶け込んでいく

 

そしてこの部屋を心地のいい香りで包む

 

役目を終えたこの棒は、生気を失い灰と化す

 

そしてまた大地へと帰っていく

 

その大地は新たな生命を育んでいく

 

すべては生じ滅びながら循環していく

 

個で見れば、永遠なものなど何もない

 

いかなる形あるものも、滅びを逃れることはできない

 

しかし、全体で見れば永遠だ

 

個の生命が循環を生み、循環が永遠を創造する

 

たった一本の線香が、そのことを教えてくれる

 

個のなかに、全体がある

 

個は全体であり、全体は個なのだ

 

心を開いているということ

f:id:hamamon91:20220323140539j:plain

 

瞑想において、心を開いていることは大切です。

 

瞑想とは観察であると、僕はこのブログで何度か申し上げています。

 

観察とは、ものごとやそれらの関係性を理解するために効果的な注意の払い方です。

 

なぜなら、理解とは、心を開いて観察しているときに起こるものだからです。

 

心を開いているということへの誤解

 

とはいえ、心を開いているということがどういうことなのか、わからないという方も多くいらっしゃることでしょう。

 

心を開いているということは、とかく誤解されがちだと僕は思うのです。

 

といいますのも、現代社会においては、積極性や他者との上手な会話というものが、あまりにもてはやされているように感じるからです。

 

ですから、もしかするとあなたも、

 

ポジティブな心でいようとすることだったり、

 

積極的に誰かとコミュニケーションを取ろうとすることだったり、

 

明るく振る舞おうとすることが心を開いているということだと考えているかもしれません。

 

よくわかります。

 

僕もそう思っていたことがありますので。

 

しかし、瞑想を続けるとあなたもおわかりになるかと思うのですが、

 

それらは心を開いていることとはまた別のことなのです。

 

むしろ、それらの一見ポジティブな姿勢こそ、心を閉ざしているということなのかもしれません。

 

なぜなら、それらはネガティブな感情をことさらに排除しようとする試みであるかもしれないからです。

 

どんなに高尚な目標があっても、何かを排除している思考を自覚していないとき、僕たちの心は開いていないのです。

 

心を開いているということ

 

では、心を開いているとはどういうことなのでしょうか。

 

それは、自分の内面の動きに気づいているということです。

 

そして、それに対して抵抗していないということです。

 

この内面の動きとは、楽しいとか気持ちいいとかいう快なものだけではありません。

 

面倒くさいとか悲しいといった不快なものや、快でも不快でもどちらでもないものも含みます。

 

特に不快さに気づくことはとても大切です。

 

それらはすぐになかったことにされるからです。

 

僕たちは不快さを感じるやいなや、それを押し殺したり、見ないようにするのではないでしょうか。

 

また、そうした癖がしみついているのではないでしょうか。

 

だからまずは、そういった癖を認めることです。

 

不快さを押し殺していることに気づくことによって、自分が不快と感じていることに気づくことができるのではないでしょうか。

 

身近な例

 

ではここで、心を開いているということについて、身近な例を挙げてみましょう。

 

たとえば、あなたの奥さんが、あなたにトイレ掃除を依頼したとします。

 

あなたはトイレ掃除が面倒です。

 

また、あなたはトイレの不潔さやにおいが不快です。

 

だからあなたはトイレ掃除がやりたくありません。

 

しかし、奥さんの依頼に応えないことに対する罪悪感もまた、あなたにとって苦痛です。

 

あなたはトイレ掃除をやりたくないという気持ちと、やらないと奥さんに申し訳ないという気持ちのはざまで立ち往生してしまいます。

 

こうした自分の内面の動きに気づいているとき。

 

そしてこれらの感情を押し殺そうとしたり、不快さをごまかすために別のことをしようとしないとき。

 

あなたは心を開いています。

 

内面に気づいていればじゅうぶん

 

あなたは意外に思ったかもしれません。

 

奥さんの依頼に応えて、喜んでトイレ掃除をすること。

 

それが心を開いていることだと思っていたのではないでしょうか。

 

しかし、瞑想的には、自分の内面に気づいていればじゅうぶんなのです。

 

結果、どのように行動したかは二の次なのです。

 

喜んでトイレ掃除をする。

 

それはたしかに優等生的な回答ではあります。

 

奥さんの依頼に応えたいという気持ちが強いのなら、その気持ちに正直になるのはいいことだと僕は思います。

 

だから、トイレ掃除をするという選択肢は、奥さんとの関係を円滑にするという意味で非常に建設的であるでしょう。

 

しかし、「喜んで」やる必要はないのではないでしょうか。

 

もちろん、喜んでできるものなら、それにこしたことはないでしょう。

 

ですが、あなたはトイレ掃除を不快と感じていることも事実なのです。

 

不快だと感じているあなたの心を、「これは快だ」と偽ろうとすること。

 

それは多大なる労力の浪費ではないでしょうか。

 

そしてその割に、不快さは軽減しなかったのではないでしょうか。

 

いや、それどころか不快さはさらに強化されたのではないでしょうか。

 

それこそが、トイレ掃除が面倒だと感じる主要因なのではないでしょうか。

 

だから、「いやいや」やればいいのです。

 

今はまだ理解できないかもしれませんし、それでいいのですが・・・

 

喜んでやろうといやいややろうと、奥さんの依頼に応じたという意味においては、本質的に変わりはないのです。

 

瞑想とは、道徳的思想ではないのです。

 

自分の内面の動きに気づいたうえでどういう対応を取るのか。

 

それは気づいた後の話であり、自由にすればよいのです。

 

気づき続けていれば、その時々で適切な選択をする機会はおのずと増えていくでしょう。

 

結び・人生はおのずと望む方向へ進む

 

繰り返しになりますが・・・

 

自分の内面の動きに気づいていること。

 

そしてそれに抵抗していないこと。

 

心を開くとはそういうことなのです。

 

もちろんこの抵抗とは、自発的な抵抗を意味しています。

 

潜在意識下で起こる、自分の意志を超えた抵抗のことではありません。

 

それらは自然に起こります。

 

だから大事なことは、それらの抵抗にも気づくこと。

 

そして、抵抗に対して抵抗しないこと。

 

こうした観察を日頃から忍耐強く行うとき。

 

あなたは自分の人生が、おのずと望む方向に進んでいることに気づくでしょう。

 

なぜなら、この観察はあなたに理解を与えているからです。

 

この理解によって、あなたは今ここにある自分にとってのベストを選択し続けているのです。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

 

書き続けて3年

f:id:hamamon91:20220323144846p:plain


3
17日はこのブログの誕生日だ。

 

気がつけば、書いている。

 

こんなことをいつの間にか、3年続けてきたようだ。

 

結構最近、本気でブログをやめようかと思っていた。

 

なんかよくわからないが、むなしくなったのだ。

 

それでもやはり、書いている。

 

むなしさを感じながらも書いている。

 

毎日ブログにアクセスしている自分がいることに気づく。

 

今となってはなぜ書くのかもよくわからず、ただ書いている。

 

書いてどうなるとか、そんなことも気にかけずに書いている。

 

そうか。

 

やはり僕はただ書きたいだけなのか。

 

たしかに以前は、ここで真理について語ることが自分の使命だなどと肩ひじを張っていたこともあった。

 

これを書き続けることでカウンセラーや瞑想の先生になれるのではないかというような淡い期待もあった。

 

そして冴えないサラリーマン生活からおさらばできると考えていた。

 

しかし、現実はどうだろう。

 

やはり僕はサラリーマンだ。

 

そして出世や社会での成功はあきらめている。

 

だから僕には窓際サラリーマンという立ち位置がベストなのだろう。

 

そういうわけで、今はそんな「何かになるために書く」という気は失せている。

 

使命だとかそんな大げさな話もどうでもいい。

 

にもかかわらず、今もなぜか書いている

 

何だろうか。

 

このどこからともなく浮かんでくる言葉たち。

 

これは思考なのだろうか。

 

それとも、思考を超えたものなのだろうか。

 

いや、思考を超えたもののふりをしたエゴなのかもしれない。

 

何でもいい。

 

今日も書く。

 

誰のためでもなく。

 

何のためでもなく。

 

ただ書くために書く。

 

それでも読んでくださっているあなたには、感謝してもしきれない。

 

サンキュー、サンキュー、モンテスキュー

 

最後に小ネタを挟んでみた。

 

単にモンテスキューと言ってみたかっただけだ。

 

さらばだ。

 

頑張らない

f:id:hamamon91:20220220230737j:plain

 

頑張ってできることなら、ときには頑張ってみるのもいいのかもしれない。

 

もちろん、頑張りたいときでかまわない。

 

頑張らないとできないことなら、やらなくてもいいのかもしれない。

 

きっと遅かれ早かれ、いずれ限界が来るだろうから。

 

頑張ってもできないことは、やめておくのがいいのかもしれない。

 

きっと自分にも周りにも、いいことはないだろうから。

 

できる・できないにかかわらず、頑張ること。

 

たしかにそれは美徳かもしれない。

 

だけど僕たちの肉体は有限だ。

 

人生の時間は限られている。

 

水をあげても芽が出ない種子にいつまでも水をあげ続けることが、はたして建設的だといえるだろうか。

 

だから僕は頑張らない。

 

頑張らなくてもできることだけやり続ける。

 

だってもう、一生分の努力をやり尽くしたのだから。

 

そして頑張らないとき。

 

そんな自分を咎めることをやめたとき。

 

僕は自分が収まるところに収まっていることに気づく。

 

もう僕は忘れてしまったが、それはもしかすると、以前抱いていた理想とは違っているのかもしれない。

 

昔あこがれていたような「カッコいい生き方」では全然ないだろう。

 

しかし僕は、これに満足している。

 

頑張らないことを許容するとき、僕たちは好きや嫌いを超越した心地よさを感じていることだろう。

 

努力しないことで、本当の居場所に身を置くことができる。

 

どうやらここはそういう世界のようだ。

 

戦わない

f:id:hamamon91:20220220224109j:plain

 

彼は勝ちもしないし負けもしない。

 

なぜなら彼は戦わないからだ。

 

当然、自分から戦いをふっかけたりはしない。

 

戦いを挑まれても応じないし、

 

一緒に戦おうと誘われてもその誘いに乗らない。

 

そのとき彼は無敵である。

 

なぜなら、戦わないので敵がいないからだ。

 

もちろん、彼は自分自身とも戦わない。

 

「俺の理想はこうだ。だからそのような自分になろう」と、

 

理想に合わせて自分を変えさせようとしない。

 

このように、今の自分で常に問題がないので、

 

何かを獲得する必要も、守る必要もない。

 

だから彼はいつでも平和である。

 

いや、ひとつだけ例外があった。

 

起きてきたことがどうしても自分には耐えられないとき。

 

そのときだけは、そこから逃げる。

 

もしそれを敗北と呼ぶのなら、

 

彼は喜んで敗北を受け入れるだろう。

 

hamamon91.hatenablog.com