本質で生きるマインドフルネス

努力に疲れたあなたに贈る逆説的・幸福論

空虚な詩④ なりたい自分になろうとしない

むなしさは、ひとつの虚像との決別。

 

自分から何かがそぎ落とされようとするサイン。

 

僕は今日も、この詩を歌うだろう。

 

 

なりたい自分になろうとすること。

 

現代では、それが美徳だと信じられているように、僕には感じる。

 

僕はこれを徹底的に疑った。

 

なりたい自分になろうとすることは、本当に美しいことなのか。

 

僕は答えを求めずに、自問し続けた。

 

なぜなら、僕にはそれが苦しすぎたから。

 

胸が引き裂かれるような渇望。

 

激しい嫉妬心。

 

ムラムラと沸き起こる対抗心。

 

周囲との軋轢。

 

そして何よりも・・・

 

なりたい自分ではない、今の自分の否定。

 

理屈ではなく、勝手に起きてくるこれらの激情。

 

僕にとって、それらへのとらわれは、地獄以外の何ものでもなかった。

 

だから僕は、我が身をもって実験をした。

 

なりたい自分になろうとする思考に同調することをやめた。

 

そして、内面渦巻くこの激情に、ただ気づき続けた。

 

今ここにいる自分自身に、

 

呼吸に、

 

身体に、

 

心に、

 

できるかぎりで意識を置いた。

 

これはシンプルな取り組みだった。

 

が、簡単なことではなかった。

 

当然のごとく、思考は僕を誘惑してくる。

 

なりたい自分にならせようとする。

 

思考が強迫をする。

 

「なりたい自分になれないと危険だぞ」と。

 

とても不快だ。

 

しかし、これがただの強迫であることも、僕は知っている。

 

この強迫に乗ったなら、またあの不毛な達成ゲームが繰り返されることも、僕は熟知している。

 

だから僕は、これに取り合わない。

 

もちろん否定もしない。

 

そしてまた気づき続ける。

 

何度も何度も。

 

これが不快さを伴うとはいえ、なりたい自分になろうと努力するときのあの感覚、

 

どうにもならないもどかしさ、

 

搔きむしられるような劣等感、

 

どこまで行ってもたどり着かないかんじ、

 

それらに比べれば、まるで耐えられるものだった。

 

これを忍耐強く繰り返したとき。

 

僕の気づきは、意識的に何かになろうとする思考の本質をすっかり理解していた。

 

それは、

権力への野心と根本的に同じだった。

 

そして僕は、なりたい自分になろうとすることを完全にやめていた。

 

なりたい自分になろうとしないとき。

 

僕に驚くことが起こった。

 

なりたい自分というものが、もはや心に存在していなかった。

 

他者への憧れというものが、見当たらなくなっていた。

 

そして、いつのまにか、なりたかった自分になっていた。

 

いや、なっていたのではない。

 

実は、はじめからそうだった。

 

そのことに気づいた。

 

そこには意図的なぎこちなさはなかった。

 

きわめて自然で調和的だった。

 

そう。

 

なりたい自分になろうとしないこと。

 

それは、あるがままの自分で生きるということ。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

空虚な詩③ 戦いの終焉

空虚な詩を口ずさむ。

 

むなしさには、可能性があるのかもしれない。

 

そう感じられるあなたに捧げたい。

 

 

戦いの結末は敗北。

 

そう決まっている。

 

たとえひとときは勝利に見えたとしても、人生全体で観ると、いずれ敗北。

 

なぜなら、それが戦いの本質だからだ。

 

僕は自らの人生で、嫌というほどそのことを味わった。

 

打ち負かした敵。

 

ー 敵は人間とは限らないが ー 彼は復讐の機会をうかがうだろう。

 

そして、さらに強い勢力をもって戦いを挑んでくるだろう。

 

だから戦い続けるかぎり、僕たちはどこかで敗北する。

 

たとえどんなに立派な大義名分によって、自らを正当化したとしても、それは変わらない。

 

だから僕は、戦わない。

 

できるかぎりで。

 

それでもやはり、戦いが避けられないときもある。

 

人間として生きる以上、それは仕方がない。

 

もし戦いになるのなら、僕はつかの間の勝利よりは、敗北がいい。

 

なぜなら勝利とは、新たな戦いへの入口。

 

そして敗北とは、その戦いが終わったことを意味する。

 

ひとつ敗北するたびに、僕たちはひとつの重荷から解放される。

 

だから僕は、何も勝ち取らない。

 

しかし、相手とがっぷり対峙して敗北することは、とてもつらい。

 

僕にはもう、そんな精神力はない。

 

戦いが避けられないのなら、僕はできるかぎりでそこから逃げる。

 

そしてすべてを明け渡す。

 

勝者は相手に譲る。

 

そうすれば、この不毛な戦いから離脱できる。

 

そんな僕を思考は、情けないやつだとなじるかもしれない。

 

もっと頑張れと鼓舞するかもしれない。

 

どう言ってくれてもいい。

 

それでも僕は、戦わない。

 

はじめからマイナスにしかならないとわかっていることのために、僕は人生の時間を使うことはできない。

 

いずれあなたもわかるだろう。

 

抵抗をやめたときが、真の戦いの終焉であるということを。

 

そしてそれは、相手による支配の甘受とは違うということを。

 

さあ、戦わずに坐ろうか。

 

そして、気づき続けようか。

 

そのときあなたに負けはない。

 

なぜなら、あなたは戦わないからだ。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

空虚な詩② フェイドアウト

空虚な詩を僕は歌う。

 

むなしさとは、本当は忌み嫌うようなものではないのかもしれない。

 

そう感じられる方が聴いてくださったなら幸い。

 

 

仕事についていけないので、職場からフェイドアウト

 

人間関係にどうしてもつまずくので、人間関係からフェイドアウト

 

疲れ果てたので、社会からフェイドアウト

 

この社会には、僕の手に負えないことであふれている。

 

だから僕は、活躍することをあきらめた。

 

なるべく自他を害さずに生きていければそれでいい。

 

できるかぎりで求めない。

 

色々なものとの接点を、少しずつ小さくしていく。

 

意図しなくても、そうなっていく。

 

どうやらこれが、僕のあるがままの方向性のようだ。

 

もう僕は、ゲームから降りている。

 

既に一生分の努力をしたので、

 

努力とは、あるがままの自分から逃避することだと理解したので、

 

むしろ頑張らないことが、自他にとってプラスであることを散々目の当たりにしたので、

 

僕は頑張るという対処法を捨てている。

 

どうぞ僕にかまわず先に行ってください。

 

僕は河原の虫の声を聴きながら、ただ坐っています。

 

僕はそれでじゅうぶんなのです。

 

「そんなことをしたら、何もかも失ってしまうのではないか」

 

優しいあなたは、そのように気遣ってくれるかもしれない。

 

ありがとう。

 

でも大丈夫。

 

外形的にはたとえ何かを失ったように見えても、僕たちの身体はここにある。

 

呼吸もここにある。

 

心もここにある。

 

まぎれもなく僕の存在は、今ここに。

 

だから本当は、何も失くしてはいない。

 

もちろん、あなたはそのように思おうとしなくていい。

 

僕の真似などしなくていい。

 

何かを捨てようなどと努力しないでほしい。

 

だって、あなたももううんざりでしょう。

 

人の生き方を真似るのは。

 

それでいい。

 

それが馬鹿馬鹿しいと感じるなら、馬鹿馬鹿しいと認めていい。

 

何かを失くして悲しいなら、存分に悲しんでいい。

 

そして、もし耐えられるなら、

 

あなたが感じているそのむなしさは、ごまかそうとしないでほしい。

 

そこにはきっと、あなたの本心が眠っているのだから。

 

どうかそれをないがしろにしないでほしい。

 

ここまで聴いてくれてありがとう。

 

そろそろ僕は、フェイドアウト

 

今日も明日もフェイドアウト

 

誘惑があってもフェイドアウト

 

そうこうしているうちに、寿命が来た。

 

ならば、人生からもフェイドアウト

 

もう何にも生まれ変わりたくない。

 

ならば、輪廻からもフェイドアウト

 

すべてからフェイドアウト

 

すると、思考はジャッジするかもしれない。

 

「チャレンジを放棄するなんて」

 

「消極的なやつだ」

 

「そんなのは最悪の人生だ」

 

お言葉だが、大きなお世話。

 

誰もがみんなチャレンジを望んでいるわけではないだろう。

 

よけいなチャレンジをしないこと。

 

僕にとってそれは、喜ばしい人生だ。

 

だから、そんな雑音からもフェイドアウト

 

いずれはみんな、この世での生を終える。

 

ならば、フェイドアウトとは、美しい幕引きのひとつではないだろうか。

 

僕はそう感じる。

 

だから僕は、フェイドアウト

 

すべてからフェイドアウト

 

そして僕は、今日も坐る。

 

何も求めずに。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

空虚な詩① むなしさは創造の母

 

空虚な詩を僕は歌う。

 

もしかするとあなたは、聴くに堪えないかもしれない。

 

申し訳ない。

 

それでも僕は、この詩をやめることはできない。

 

前向きであろうとすること。

 

そのことを、本心では窮屈に感じている人。

 

にもかかわらず、そう感じることに対して罪悪感を抱いている人。

 

本当は疑問を感じつつも、強迫感から前向きであろうと努力している人。

 

そんな人の何かに響くものがあるならば、僕はそれでじゅうぶんだ。

 

僕たちは、前向きでなくても生きていける。

 

前向きも後ろ向きもなくなったとき、僕たちは、おのずと自分に適した方向に進み出す。

 

あなたがそのことを理解するきっかけになればこれ幸い。

 

むなしいということ。

 

現代社会では、きっとそれは嫌悪されていることだろう。

 

「むなしいことは不幸なこと」

 

そのように信じられているのかもしれない。

 

だから、僕たちはむなしさを埋めようとする。

 

むやみな行動によって。

 

もちろん僕もそうしてきた。

 

しかし、その行動の結末は、やはりむなしさだった。

 

だから、また代わりとなる行動によってそれを満たそうとする。

 

その繰り返し。

 

そうしたことを続けてきて、あるとき僕は思い始めた。

 

むなしさを埋めるための行動は、結局は新たなむなしさを生むだけなのではないのか。

 

むなしさとは、本当に忌み嫌われるようなものなのか。

 

むなしさをそのままにしておいたらどうなるだろう。

 

むなしさを変えようとせず、

 

消そうとせず、

 

追い出そうとせず、

 

自分の心に居させてあげたらどうなるのだろう。

 

そこで僕は実験してみた。

 

むなしさに抵抗せず、ただそれとともにあり続けた。

 

たとえ気持ち悪くても、忍耐づよく。

 

はたから見ると、ただの覇気のない中年男性かもしれない。

 

それでもかまわなかった。

 

もうそれ以上、むなしさを上塗りするような行いをしたくなかったから。

 

ただむなしいまま坐り、横たわった。

 

坐るのにも疲れたら、今無理なくできることだけをやった。

 

包丁を研いだり、庭の草木に水をあげたりした。

 

すると、野心という名の思考が誘惑してくる。

 

「もっと俺の才能を活かせるものを探そう」

 

「俺は本来活躍をして、注目されるべき人間だ」

 

「奉仕活動をすればヒーローになれる」と。

 

しかし僕は、それが思考の罠であることを理解している。

 

もうその手に乗らない僕は、その誘惑に応じず、また逆らいもしなかった。

 

引き続き、むなしさに浸る。

 

そして坐り、横たわる。

 

すると、それはじわじわと起きてきた。

 

何だろうこれは。

 

心に引っ掛かりがなく軽快だ。

 

しかし、ひたすらに穏やかだ。

 

ムラムラとするような、あの攻撃的な高揚感はない。

 

むなしさという空間から、泉のように湧いてくる。

 

それは思考を超えていた。

 

喜ばしく、どこか創造的だった。

 

むなしさとは、実は毛嫌いするようなものではなかった。

 

自らの心が発するメッセージだった。

 

「そろそろこの不毛なチャレンジをやめてはどうか」と、僕たちに教えてくれているのだ。

 

その声をただ聴くだけでよかったのだ。

 

むなしさを脱しようともがくことが新たなむなしさを生み、

 

むなしさをそのままにしておくことで、そこから真の創造が起こる。

 

僕はあっけにとられた。

 

しかし、ほどなくして僕は思い出した。

 

そうだった。

 

ここは逆説の世界だった。

 

だから僕は、今日も坐る。

 

むなしさをむなしさのままにして。

 

平和


あなたの心が平和なとき、

 

その目に映るあの人も平和。

 

そして、世界も平和。

 

なぜなら、あなたの心が平和だから。

 

もうあなたは聞き飽きたかもしれない。

 

しかし、言わずにはいられない。

 

真の平和とは、単純に「戦争がない」という外形的な状況を指すのではない。

 

それは僕たちの内面の状態をいう。

 

一人ひとりの心が平和なとき、真の平和が実現する。

 

それは社会運動などで達成するようなものではない。

 

もちろん、どこかの国の独裁者を批判することで、成立するようなものではない。

 

また、キラキラした言葉で内面を美化することで、叶えられるものでもない。

 

一人ひとりが自分の内面を、ごまかさずに観察し続けるとき。

 

美点だけでなく、自身の内面にある愚かさを愚かだと正直に認めるとき。

 

そしてそれらを、正当化も非難もすることなく、ただそのまま観るとき。

 

平和がそこにあることに気づく。

 

それは実現を目指すような目標ではない。

 

ことさらに優しい言葉で語られるようなものでもない。

 

一見そっけなく、自然で、そして穏やかなもの。

 

そして、すでに僕たちの心にあるもの。

 

そこに気づくかどうか。

 

それは、僕たち一人ひとりの自覚にかかっている。

 

残念ながら、誰かが誰かの心を平和にさせることはできない。

 

だから、他者に平和を求めても仕方がない。

 

自分の心が平和であれば、それでじゅうぶん。

 

ならばもう、誰かに期待せず、ただ坐ろうか。

 

そして、何も目指さず、何も求めず、ただ気づき続けようか。

 

そのとき僕たちは、平和である。

 

そして僕たちは、おのずと理解する。

 

僕たちが平和であるとき、僕たちの存在そのものが、他者に影響を与えているということを。

 

意識して平和的な行動をしなくても、周囲に平和の波紋が広がることを。

 

むしろ平和にさせようとはからうと、争いが誘発されるのだということを。

 

だから僕たちは、平和の主張などしなくていい。

 

ただ気づいていればいい。

 

なぜならそれが、平和の近道だからだ。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

為真白山神社 ~奥美濃ぶらり旅③~

白鳥の街が近付いてきました。

 

国道156号線沿い、白鳥の中心地より少し南。

 

以前から、道路沿いにある森がずっと気になっていました。

 

「神社のようだが、ここは何だろう。」

 

車窓から横目で眺めますが、森の外からは中がよく見えません。

 

でもわざわざ寄るのもおっくうだったので、いつも車で横を通り過ぎるだけ。

 

今回は、ここに立ち寄ってみました。

 

為真白山神社

 

為真。

 

どう読むかわかりますか?

 

「ためざに」だそうです。

 

いや、読めませんよ。

 

以前から気になっていたこの森は、やはり神社だったようです。

 

駐車場がよくわからなかったので、なるべく邪魔にならなさそうな場所に、少しの間駐車させていただきました。

 

 

立派な境内です。

 

中央には、これまた立派な舞台があります。

 

 

神楽か、はたまた拝殿踊りか。

 

何に使うものなのかはわかりませんでした。

 

白山神社」の名を冠していますが、ご祭神はイザナミのみで3神ではないようです。

 

肌で感じる空気も、あまり白山神社っぽくなかったです。

 

僕以外、参拝者の姿を見かけませんでした。

 

しかし、手入れもきれいに行き届いている様子。

 

地元の方々にとって、大切な場所であることは間違いないでしょう。

 

結局何なのかよくわかりませんでしたが、以前から気になっていた場所を調査できたということで満足です。

 

 

*********************************

為真白山神社

岐阜県郡上市白鳥町為真1184

*********************************

 

岐阜県神社庁のサイトより

http://www.gifu-jinjacho.jp/syosai.php?shrno=1535

 

おまけ・白鳥おどり

 

※このレポートには写真がありません。

 

その夜、白鳥おどりに参加しました。

 

コロナで2020年、2021年は開催されませんでしたので、3年ぶりです。

 

踊り会場は、白鳥駅前の新栄町です。

 

結構狭い道路。

 

踊りは夜8時から。

 

会場の入口で検温と消毒があり、マスクを着用して踊ります。

 

ポストコロナですね。

 

ほとんど練習せずに臨みましたが、細かい部分を気にかけなければ、ノリでまあまあ踊れるものです。

 

曲のテンポがどんどん速くなり、僕のテンションも自然に上がっていきます。

 

まさに我を忘れて、会場と一体になります。

 

マスクをしていたからか、それとも僕が年をとったからか(笑)、間でスタミナが切れることもありましたが・・・

 

休憩をはさみながらも、3時間踊り切りました。

 

他の踊り手たちも、思い思いに踊りを楽しんでいるようでした。

 

ローカル感、自由度、一体感。

 

白鳥おどりはやはり、僕にとっては欠かせない夏の風物詩です。

 

tabitabigujo.com

 

じぇいあんの奥美濃カレー ~奥美濃ぶらり旅②~

奥美濃地方へは、何度来たかわからないくらい足を運んでいます。

 

訪れるたびに、僕はここに寄ります。

 

 

食の家 じぇいあん

 

岐阜県郡上市大和町

 

田園と山河が広がるのどかな風景のなかに、清廉な空気も感じます。

 

メインストリートの国道156号線沿いに、「食の家 じぇいあん」はあります。

 

僕はいつも、「ガーリックオムカレー」をいただきます。

 

 

 

とろとろ卵とほどよく効いたガーリックの味。

 

味噌のほかにトマトも入っているのでしょうか、まろやかで濃厚です。

 

カレールーはかなり暑いので、猫舌の人はご注意を。

 

茶店のような店内には、地元の人たちがありのままの姿でおだやかに談笑しています。

 

僕もここでは、あたかも地元民のようにくつろぎます。

 

理由はないけど落ち着く場所。

 

やはり何度来ても、また来たくなるのです。

 

*******************************

食の家 じぇいあん

岐阜県郡上市大和町254-11

(0575)88-2095

*******************************

 

「食の家 じぇいあん」のウェブサイト

j47.jp

 

奥美濃カレー

 

ここ奥美濃地方には、奥美濃カレーなるご当地グルメがあります。

 

郡上味噌と郡上産の食材を使ったカレーを指します。

 

今回紹介したじぇいあんのカレーもまた、奥美濃カレーです。

 

岐阜県の中心部を南北に走る国道156号線には、ほかにも奥美濃カレーのお店がたくさんあります。

 

この地方が醸す雰囲気と同じく、素朴で飾らないからこそまた食べたくなる、そんなグルメです。

 

www.okuminocurry.com