本質で生きるマインドフルネス

努力に疲れたあなたに贈る逆説的・幸福論

期待 ~百害あって一利なし~

f:id:hamamon91:20211130235003j:plain

 

期待は百害あって一利なし。

 

そう。

 

他者が自分の思いどおりに動くかどうかは、自分にはコントロールできないこと。

 

そして、期待が外れたとき、相手を責める心が起きてくる。

 

このように、誰かへの期待は、与えてもらうことを求める依存的態度。

 

また、自分への過剰な期待も有害だ。

 

なぜならそれは、結果に対する執着だから。

 

現代では、結果へのこだわりはいいことのように思うかもしれない。

 

しかし、度が過ぎれば苦しみとなる。

 

突き詰めれば、結果は僕たちにコントロールできないものだということを、あなたもおわかりのはず。

 

そして、自分が期待した結果を出せないとき、僕たちは自分を責める。

 

このように、期待によって僕たちの心は上がったり下がったり。

 

期待心に振り回される。

 

もちろん僕も期待まみれだ。

 

何かに・誰かに求めては、思いどおりにいかなくて恨む。

 

もしくは、期待どおりにいったときは、さらなる期待を何かに・誰かに課す。

 

この不健全ループの繰り返し。

 

わかっている。

 

これが役に立たないことは。

 

わかってはいても、ムラムラと期待心が湧き上がる。

 

心とはそういうもの。

 

理屈どおりにいくものなら、僕もあなたも遠の昔にブッダのごとき悟りに至っているはず。

 

しかし、そのようにいかないのが心。

 

だから、期待をやめるような努力は、残念ながらきっとうまくいかないだろう。

 

それは海に起こる波を止めようとするようなもの。

 

それなら僕は、逆らわない。

 

せめて期待心に気づき続ける。

 

ああ、こんにちは。

 

ようこそようこそ。

 

まあゆっくりしていってくださいな。

 

僕はスリッパを床に置いて、期待心を歓迎する。

 

期待心が来ないことを期待しないし、

 

期待心に早く出て行ってくれと期待することもない。

 

なぜなら、それも期待だから。

 

このように期待心を抑圧せずに気づき続けることで、

 

能動的な期待をしないことで、

 

僕たちの潜在意識は少しずつ理解する。

 

「ああ、期待しても無駄なんだな」と。

 

そして、過剰な期待心は薄れていく。

 

期待からの解放。

 

それは僕たちの心を自由へと近づけることだろう。

 

期待は百害あって一利なし。