「本質」で生きるマインドフルネス

真の自由とは、「本質」のあなたで生きること

f:id:hamamon91:20201004143615j:plain

 

それまで気にも留めていなかった。


庭に植わっているローズマリーに、心地よい香りがあることに気づいた。

 

その枝を3、4cmほど切ってみる。

 

そしてお湯に数分間浸し、お茶にして飲んでみる。

 

爽やかな香りと味が口内に広がる。

 

「うちの庭にもこんな宝があったのか。」

 

僕は再認識した。

 

あなたの宝

 

「自分には何も長所がないから、別人にならなければ。」

 

そう思って、外へ外へとないものねだりをしていた頃、僕は自分の内にある宝を宝と感じていなかった。

 

いや、その存在に見向きすらしていなかった。

 

「もっとスゴい人間になろう。」

 

どこかに違和感を感じながらも、成功哲学自己啓発が定義するような成功こそが宝だと、むやみに信じていたのかもしれない。

 

そのような「達成ゲーム」への虚しさを徹底的に味わい、人生への抵抗を手放したとき、僕は自分にある本当の宝の存在に気づいた。


もちろん、ときには自分にはないものを体験したいと、外に目を向けることも有意義かもしれない。

 

しかし、それはそれとして、僕たちには既に与えられている宝があるはずだ。

 

あなたにもきっとある。

 

それをあなた自身が否定する必要はないだろう。

 

たとえ、あなたのその宝の存在に対して都合が悪いと感じている誰かが、「そんなものはゴミだ。」と否定したとしてもだ。

 

今は宝だと思えなくていい

 

だが、もし自分にあるものが宝だと思えないなら、今はそれでいいのではないだろうか。

 

今のあなたは、まだそれを宝だと感じていないのだろう。

 

それが今の「あるがまま」なのだろう。

 

だから、それまでも否定する必要はないだろう。

 

無理に自分にわからせようとする必要はない。

 

偽りの納得や、ことさらに飾り立てた肯定の言葉は、今は邪魔なものかもしれない。

 

前提を疑う

 

だけど、誰かが「これが宝だ。」と決めた定義に疑問を感じるのなら、その前提から疑ってみてもいいのではないだろうか。

 

自分にとって、それは本当に価値を感じることなのだろうか。

 

自分にとって、それは本当に大切なことなのだろうか。

 

その答えは出なくていい。

 

答えを求めなくていい。

 

ただ淡々と問い続ければいい。

 

わかろうとしなくても、そのうちに自然とわかるときが来るだろう。

 

あなたの宝はあなたが決めていいのだ。

 

hamamon91.hatenablog.com

 

hamamon91.hatenablog.com