本質で生きるマインドフルネス

瞑想によって私たちは、等身大の私たちになる

幸福を探求しない

 

私たちは皆、幸福を求めている。

 

そして、そうなるための戦いに明け暮れてきた。

 

「幸福がないから、不幸である。」

 

私たちはそのように考える。

 

そしてどこかに探しに行く。

 

これはまっとうな理屈であろう。

 

しかし、本当のことであろうか。

 

何か外的に幸福な要素を足すことで、私たちは幸福になるのだろうか。

 

もしそうなのだとしたら、何を得たらいいのだろうか。

 

食うに困らぬ生活水準でありながら、これ以上何を獲得するというのだろうか。

 

総体的にじゅうぶんすぎるほど知的でありながら、まだ知識の習得が足りないというのだろうか。

 

これだけの科学技術がありながら、もっと技術革新が必要だというのだろうか。

 

私たちは、どれほど便利な生活様式を形成すれば気が済むのだろうか。

 

私たちは、どこまで優秀な人間にならなくてはならないのだろうか。

 

私たちは、どれだけ高尚な人間を目指さなくてはならないのだろうか。

 

一体どこまで行けば満足するのだろうか。

 

そして私たちは、わからなくなる。

 

だからただ坐る。

 

ひたすらに気づき続ける。

 

すると、この何もしない時間のなかから、ひとつの理解が浮かび上がる。

 

きっと、幸福がないから不幸なのではない。

 

幸福を探し求めるから不幸なのだ、と。

 

幸福になることをあきらめたとき、

 

幸福を探求することをやめたとき、

 

今ここに幸福が浮かび上がる。

 

この真意を完全に理解したとき、私たちは幸福である。

 

hamamon91.hatenablog.com